エクセルなどのスキルを藤沢にて経営中のパソコン教室で身に付け仕事で活かすには

無料体験レッスンはこちら

藤沢のパソコン教室・ハロー!パソコン教室 ミスターマックス湘南藤沢校のお客様の声

パソコン作業の自動化やMOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)の資格の活かし方とは

藤沢のパソコン教室・ハロー!パソコン教室 ミスターマックス湘南藤沢校のお客様の声

普段何気なく使っている人も多いオフィスソフト、このスキルを高めることで日々の業務を自動化したり資料作成のクオリティーを上げたりすることで、これまで以上の成果が出て、周囲からの一目置かれる立場になれる可能性もございます。
またパソコン作業がほとんどの職場にある現代では、MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)の取得がきっかけとなって応募できる仕事先が増え、内定をいただける可能性も相応に高くなります。このようにパソコン教室でのスキルアップや資格取得を通して目指せるものについてご紹介いたします。


エクセルのスキルアップでデータ分析と請求書作成を自動化

スキルアップ次第で業務効率良くなり、作業時間が大幅に節約できる可能性を秘めているのが「エクセル」です。エクセルの注目すべきポイントは「自動化」にあり、絶対参照・相対参照で他のセルから自動的に文字を引用してきたり、計算に取り入れたりすることで、売り上げ計算も一瞬で完了します。
ピボットテーブルという大変奥深い機能を活用すれば、膨大な売り上げリストから売れ行き好調な商品や、一人当たりの平均売上額などの絞り込みから計算までを迅速に行えます。この作業は自動化しないと量によっては一つひとつセルを確認して算出する必要があり一日では終わらない可能性もございます。また、関数を活用して二日がかりの請求書を10分足らずで完了できるようになり、周りから一目置かれるようになったと生徒様のお声もあり、皆様もエクセルのスキルアップを通して業務の自動化を目指してくださいますと嬉しい限りです。

エクセルのグラフをパワーポイントでの資料作りに活かす

「パワーポイント」は、資料作りにおいてとても最適なオフィスソフトです。簡易的なレイヤー分けのような機能を搭載しているので、まるでPhotoshopやIllustratorで編集しているかのような自由度で画像・イラスト・文字のレイアウト編集ができます。ワードやエクセルでも似たようなことはできなくはないものの、特化している機能が各々違うのとパワーポイントはモーションを付けられるというメリットがあり、資料作りにはうってつけです。
しかしながら、プレゼン資料で必須とも言える主張を裏付けるためのグラフやデータ、これはエクセルで作成する必要がございます。エクセルで作った表をパワーポイントに持っていく連携もスムーズに完了し、より本格的な資料作りができるようになります。このことからもわかるように、三つのオフィスソフトを単体で習得するよりも、三つのスキルを高めて組み合わせることで相乗効果をもたらします。

MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)の取得を皮切りに派遣元からの紹介が増加

学生時代や前職にて目立った実績を残せた場合や、ポートフォリオとしてまとめられるくらいの作品を作れるような専門技術など、何かしらの打ち出しポイントがない方の場合、転職活動を進めていくにあたって何かしらの打ち出しポイントを作っていくことで、より内定が決まりやすくなります。その一つとして資格取得があり、特にパソコン操作への需要が高いことから「MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)」の資格取得は最適です。
資格取得までも勉強期間は数ヶ月で済む場合も多く、試験自体も毎月開催しているため、取り急ぎ就活のために取得したい方には重宝する資格です。MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)そのものが、エクセルの関数やピボットテーブルなど、仕事で一定レベル以上のパソコン業務ができることの証明にもなるため、派遣元から紹介できる仕事が増えるなど、就活にも有利に働く可能性が高いところがMOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)の大きな魅力です。皆様本来の魅力を伝える方法の一つとして、MOS(マイクロソフト オフィススペシャリスト)の取得をおすすめします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。